ダイエットの時にグリーンスムージーを飲むならこんな方法で飲もう

野菜やフルーツたっぷりのグリーンスムージーは、ダイエットにも最適な飲み物です。

 

ですが適当に飲むよりも、ダイエットに適した飲み方がいろいろあります。

 

それではグリーンスムージーを飲む時間帯や、使いたい食材、飲み方などを紹介していきましょう。

 

まずグリーンスムージーを飲む時間帯は、朝が適しています。

 

朝に飲むことでお腹に刺激を与えることができるからです。

 

グリーンスムージーにはたっぷりの食物繊維や野菜の栄養が詰まっています。

 

そのため朝に飲むことで、お通じを促す効果を得られるのです。

 

ダイエット中にお通じをよくすることで、それだけでもお腹のポッコリを解消することができます。

 

また、代謝もアップしますし、腸内環境も改善可能です。

 

グリーンスムージーに使う食材は、好きな野菜やフルーツ、ヨーグルトや牛乳を使いましょう。

 

甘みが欲しい場合にはハチミツやメープルシロップなどを使う方が良いでしょう。

 

なるべく砂糖を使わないことで、野菜やフルーツの栄養をそのまま取り込むことができます。

 

また生でも食べられる野菜やフルーツを使うことが基本です。

 

緑の野菜ならキャベツやほうれん草、フルーツはリンゴやバナナなどが適しています。

 

ナッツなどを加えても構いませんし、牛乳が苦手な場合には豆乳やアーモンドミルクなども使えます。

 

もちろん普通に水を使っても構いません。

 

また、グリーンスムージーは野菜やフルーツを冷蔵庫から出してすぐに作ることが多くなります。

 

朝一番に冷たすぎるものを飲むと、体が冷えてしまうという人もいるでしょう。

 

冬などには続けにくくなってしまいます。

 

グリーンスムージーは温めて飲むこともできます。

 

温かいグリーンスムージーなら冷え性の人も続けやすいですし、栄養は中に溶けているのでしっかり摂取することが可能です。

 

なるべく体を冷やしたくない場合には、ホットにして飲むことも考えてみましょう。

 

フルーツを使わずにスープのような感覚で飲むこともできます。